保育園看護師の求人が不足している?

看護師が不足しているのは日本固有の問題ではないです。 世界各国で看護師不足が大きく取り上げられています。 日本ではもう数十年前から課題になっていますが全く解決の目処がついていません。 ここでは看護師が不足している原因と現状を洗いだしてみましょう。

それぞれの時代によって看護師不足の背景は異なっています。 しかしながら主な原因は日本政府の政策方針や社会的背景によります。 看護師不足を歴史的に見てみましょう。

1960年代に看護師が不足することによって生じる看護師の過労問題が取り上げられて問題となりました。 そして看護師の労働条件を改善するために、国立病院等に勤務する看護師が行政措置要求をまとめて人事院に提出しました。

人事院は1965年に「2・8判定」をしました。 これによって一ヶ月8回以内という条件で複数人数による夜勤体制が確保されることになりました。 1990年代にも看護師不足が社会問題化しました。

1985年の第一次医療法改正が原因になっています。 これまでは病院の開業は自由でした。 しかし法律が改正されたあとは、各都道府県毎に必要な病床の数を計算して、その数をクリアしているケースは新規の開業を認めないという病床規制を目的とする法律改正が実施されました。

このことによって過剰な病床が抑制されて、看護師不足が解消されると予想されていました。 しかしながら、この制度が施行される前に駆け込みの増床が日本各地で発生しました。 急激に病床数が増えたので看護師の数が追いつかない事態が発生しました。

これによって病院の看護師獲得の競争がますます過熱させることになりました。 そして現在も看護師不足が継続している原因は2006年の診療報酬改定です。 これまで診療報酬で認められていた患者様に対する看護師の人員配置については「患者様10名に対して看護師1名」が最も手厚い人員配置でした。

しかし、改定後は「患者様7名に対して看護師1名」という配置が新たに生まれたんです。 このことによって高度で専門的な医療を提供する急性期型の病院がその診療報酬を獲得することを目指して看護師を募集していることが背景にあります。

世界からみた日本医療の特徴は、人口に対する病床数は先進国の中でも多いことと、病床に対しての看護師人数が極端に少ないことです。

以上が、看護師が不足している原因と現状です。 このような事情があって、現在看護師は患者様からも医療機関からも引く手あまたの仕事になっています。

<サイト内の別の記事>
看護師の離職率が高い原因

看護現場の人間関係を解消する方法

このページの先頭へ